ページトップ

沿 革

1938年5月 会社設立。
尼崎工場においてフッ化アルミニウムの製造を開始。
1942年 堺工場を建設、フッ化アルミニウムの製造を行う。
1945年 尼崎工場においてセレンの製造を開始。
1953年 大阪工場を建設。
1958年 わが国で初めて五酸化バナジウムを工業生産。
1970年 同じくわが国で初めてエチレンプロピレンゴム用触媒(VOCl3)を製造。
1973年 堺臨海工場を建設。
バナジウム生産能力を大幅に増強。
1981年 尼崎工場を尼崎市大浜町に移転。
高純度セレン及びセレン化合物の生産設備を大幅に拡大。
1991年 堺臨海工場のエチレンプロピレンゴム用触媒(VOCI3)製造設備を増強。
1997年 尼崎工場にてインジウムの生産を開始。
堺臨海工場にて各種塩化物製造開始。
1998年 ISO9002 審査登録(本社・堺臨海工場)
2003年 ISO9001 審査登録(本社・堺臨海工場)
2006年 ISO14001 審査登録(全社)
2007年 ISO9001 審査登録(第二ファイン事業部・尼崎工場)
2008年 大阪市中央区に本社移転。
2011年 尼崎工場にて高純度セレンの生産能力を増強。
2012年 尼崎工場にてテルル製造設備を増強。
2013年 堺臨海工場の合成ゴム用触媒(VOCl3)製造設備を更に増強。
2016年 堺臨海工場の合成ゴム用触媒-バナジウムアセチルアセテート
(V(AcAc) 3)の製造能力を増強。

 

お問い合わせ・資料請求