ページトップ

尼崎工場

資源回収から高品質製品まで一貫した生産体制

尼崎工場は当社発祥の地(尼崎次屋)であり、1981年に尼崎市の臨海エリアに移転致しました。 セレン・テルル事業については、もともと硫酸セレン泥から始まり、その後複写機メーカーから発生するスクラップ、今では主として産銅メーカーから発生するセレン・テルルを主原料とし、製錬から製品化までの一貫生産を行っております。セレン化合物に関しましては、国内では当社が唯一のメーカーであります。

セレン原料やテルル原料には主成分のセレン・テルル以外にヒ素等の有害金属を含むものがあります。当工場では、セレン・テルルを回収した後、これら有害重金属を完全に無害化し、環境負荷の低減にも貢献しております。

また、各種レアメタルのスクラップ等からの回収精製についても再資源化も含めたリサイクル技術の確立を検討する体制を整えております。

品質管理

セレンという毒物を永年にわたり手掛けてきた実績は、品質管理の厳しさの上に成り立つものです。尼崎工場では、原料入荷から製品出荷までを厳しく管理し、お客様のご満足頂ける製品・サービスに心掛けております。

 

 

お問い合わせ・資料請求