ページトップ

堺臨海工場

独自の技術で多様化するニーズにお応えします。

堺臨海工場は、堺の臨海工業地域に位置し、遠くに六甲連山、晴れた日には明石海峡大橋(パールブリッジ)も望めます。当工場は、主に火力発電所等から発生する重油煤(EP煤)や重油燃焼残渣(ボイラースラグ)等からバナジウム化合物の製造を行うマテリアルリサイクルと共に産業廃棄物の無害化処理も行っております。

重油煤にはバナジウムが微量含まれ、湿式抽出することで濃度の高いバナジウムケーキが得られます。更にボイラー炉底に堆積した重油燃焼残渣を、資源回収工程で複合処理することにより効率的にバナジウムを回収しています。これを更に精製し、高純度の各種バナジウム化合物を製造します。又、重油煤や重油燃焼残渣には、バナジウムの他にニッケルも含まれることから、フェロニッケルの原料等として販売しております。

堺臨海工場ではこの他に、合成ゴム製造用触媒として用いられるオキシ三塩化バナジウムや四塩化バナジウム等の塩化物を製造しています。昨今の技術革新は目覚ましいものがあり、素材も高純度、より高機能なものが求められる様になりました。その様なお客様のニーズにお応えすべく得意とする塩素化技術を駆使し、各種金属の高純度塩化物やアルコキシドの製造も行っております。

品質管理

メーカーにとって品質管理は命綱と言えます。当社はISO認証を取得し、品質の管理体制に万全を期しております。また高品質素材の管理に対応できるよう分析機器、試験装置もたえず充実を図っております。

 

 

 

 

お問い合わせ・資料請求